2012年04月30日

『負傷者16人-SIXTEEN WOUNDED-』

新国立劇場主催公演『負傷者16人-SIXTEEN WOUNDED-』
作:エリアム・クライエム 
演出:宮田慶子 翻訳:常田景子
に、僅かですが、声のみ出演をさせてもらっています。

初体験で収録はドキドキしましたが、精一杯努めました!!結構喋っています。
まあ僕のそれはいいとして、ほんとうに、とても刺激的で面白い舞台です。
なんといっても、井上芳雄さんと益岡徹さんの掛け合いがもう、リアル!!!
パンを作る過程も実際に行われていて、舞台での動作、作りがこだわりぬいており大変驚きました。
中東を舞台にした話で、日本人には中々実感の持ちにくい問題を取り扱ってはいますが、「家族」や「家」にどう向き合うか、というどの国でも共通のテーマを描いています。考えさせられました。

是非見に来て下さい!!
そしてついでに、あ、薄平じゃね?みたいな感じに思ってくれたら幸いです。
本当にラストの方で出演しています。

4/23〜5/20@新国立劇場小劇場
5/26〜27@兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールです。
HP→http://www.nntt.jac.go.jp/play/20000441_play.html

まだまだ精進、成長!!
ではでは!

うっすー
posted by うっすー at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 出演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。